東京都の通信制高校の評判と学費や特徴

都立一橋高等学校に2年通っている

日本放送協会学園高等学校は、一般的にスクーリングが年間4回程度とされ、入学選抜費用が1万円となっています。
学費は、入学金の35,000円に加え、1年次に320,000円と2年次に344,000円及び3年次に320,000円必要ですが、高等学校等就学支援金の受給が可能なので実質負担金は下がります。
高等学校等就学支援金は、世帯の年間所得額が約250万円以下の場合には年間288,000円の受給が出来、実質年間学納金が32,000円まで減額されます。
世帯の年間所得額が、約590万円を超えると高等学校等就学支援金が115,488円まで減額され、実質年間学納金が204,512円となります。
しかし、日本放送協会学園高等学校では、全日制の高等学校や定時制高等学校と同様に奨学金の申請が可能であり、地方自治体が独自に運営する奨学金制度と併用する事も可能です。
私立の通信制高校では、鹿島学園高等学校通信制課程や大原学園高等学校などの評価が高く、東海大学付属望星高等学校や日出高等学校及びAKIBA高等学院なども人気となっています。
東京都に本校を構えていない通信制高校では、学校法人佐藤学園ヒューマンキャンパス高等学校やKTC中央高等学院に加え、日本ウェルネス高等学校やルネサンス高等学校の評価が高いだけで無く、人気の通信制高校となっていますが、私は仕事場からも近く学費の安い都立一橋高等学校に既に2年通っています。

東京都には通信制の高校やサポート校が30以上 : 都立と私立の学費の比較 : 都立一橋高等学校に2年通っている

通信制高校 東京通信制高校ならKTC中央高等学院